トップページ ブログ 「看護の日」を通して

「看護の日」を通して

5月12日を含む1週間は看護週間です。誰もが看護の心を育む機会となるようナイチンゲールの誕生日を「看護の日」と制定されました。本校では1年生を対象に5月11日(土)に「看護の日」の行事を実施しました。

 川村副校長から「看護に携わる職業人としての倫理について考える。」久間圭子先生から「看護覚書」に学ぶ看護の心をテーマにご講演いただきました。

 

 看護職としての倫理は「自律尊重・善行・無危害・正義・誠実・忠誠」ということを学び人間としても大切であり、だれもが考えなければならないものだと思いました。また、講義の中で「看護できない患者はいない。息を引き取るまで看護はできる」という言葉が心に残りました。看護師が患者さんにできることはたくさんあり、言葉だけでなく態度や表情でも看護になると思いました。これから人間力を身につけて患者さんの命に向き合える看護師を目指したいと思います。    1年Bクラス(T.T)

 

 今回、看護と倫理の講義を聞き、改めて看護師とは命を尊ぶ、とても責任ある仕事だと感じました。看護師は知識、技術をもち判断していかなければなりませんが、その行為が相手に重大な影響を与えます。だからこそ自分の行動に責任を持つことが大事だとわかりました。1年Aクラス(Y.S)

 

 久間先生の講義を受けて、ナイチンゲールがどのように看護を世界に広めたのか、彼女の私生活はどうだったのかなど詳しく知ることができました。ナイチンゲールは病弱でありながらも看護の道から離れず生涯を終えたことを知り、彼女がいなかったら今の看護はどうなっていたのだろうかと思いました。

 私もナイチンゲールのように看護について知識を深め、実践できる能力を養い、患者さんが安心できるようなケアを提供することを目標に最後まであきらめず頑張りたいと思います。1年Aクラス(I.S)

 

 ナイチンゲールは小動物などの小さな命もとても大切に考えていたことを知りました。今以上に命について考えていかなければならないと思います。「看護覚え書」は心に残る言葉や考えさせられることがたくさん書いてあり、その中でも

「Don`t give up, the mighty oak was once nut 」

あきらめないで、そびえ立つ樫の木も小さなどんぐりだったのよ。

今は小さな木の実かもしれませんがいずれ、看護師という大きな木になれるよう頑張っていきたいと思います。1年Aクラス(N.D)

P1180743.JPG   P1180721.JPG   P1180729.JPG   P1180746.JPG