トップページ 看護高等課程 教育方針

教育方針

アドミッションポリシー

受け入れ方針

本課程は、准看護師となるのに、次のような人材を求めています。

ディプロマポリシー

卒業の認定方針の策定・公表・適切な実施に係る取組の概要

以下の能力を身につけ、教育課程の定める基準となる時間数、成績を修得した生徒に卒業を認める。

  1. 人を限りある命を生きていく生活者として理解する能力
    ・生命の危機
    ・人権擁護
    ・地域、環境への理解
    ・社会への関心

  2. 安全安楽を配慮し、人のぬくもりを感じさせる看護実践能力
    ・ケアリング
    ・対象理解
    ・関心と配慮
    ・患者主体の関わり
    ・安全安楽な技術の提供
    ・医療安全
    ・伝達力
    ・五感を使った観察力

  3. 相手も自分自身も大切にする力
    ・想像力 / 創造力
    ・感謝の気持ち
    ・他者を尊重
    ・正直さ
    ・謙虚に学ぶ姿勢

  4. 多様な人々とともに、目標に向けて協力する力
    ・チームワーク
    ・自己管理能力
    ・連絡報告相談

  5. 疑問を持ち考え抜く力や、失敗から学び粘り強く取り組む力
    ・リフレクション
    ・主体性
    ・失敗から成長できる力
    ・ストレスコントロール力

カリキュラムポリシー

期待する学生を育成し、到達目標を達成する為の教育課程
  1. 基礎分野、専門基礎分野、専門分野の3分野でカリキュラムを構築し、自分自身も社会を支える一員であるとともに、人間を生活行動力から捉えられるようにする。
  2. 看護を「人間と環境の相互作用により最適な健康状態を生み出し、いのちと暮らしを支える働き」と考え、人間、環境、健康、看護の4概念に生活、教育、学習を加え、それらの関係に基づき、基礎分野から専門基礎分野、専門分野を積み上げて学習できるよう配置する。看護の基本姿勢は、患者中心の看護とする。
  3. 在宅看護や災害時の看護については、専門分野の成人看護、老年看護、小児看護、精神看護に配置する。
  4. 実践の場に即した学びの為に、モデル人形の活用や多様な学習の機会を提供する。
  5. 各科目では主体的な学びを推進し、准看護師としての知識・技術・態度を総合的に評価する。
  • 在学生の声 看護高等課程
    2年生
    中村 笑琉
    中村 笑琉

    私は、高校推薦入学試験制度を利用し受験しました。 受験科目は小論文と面接です。まず、小論文対策とし...

    » 続きを読む

  • 在学生の声 看護高等課程
    2年生
    中村 梨瑚
    中村 梨瑚

    私は、高校生の時入院をきっかけに看護に興味を持ちました。佐賀市医師会立看護専門学校 は、働きながら...

    » 続きを読む

  • 在学生の声 看護高等課程
    2年生
    高山 そら
    高山 そら

    私が高等課程を選んだ理由は、働きながら学ぶことができることに魅力を感じたからです。 日々学校で学ん...

    » 続きを読む

  • 卒業生の声 看護高等課程
    令和3年度卒業生
    古賀 しのぶ
    古賀 しのぶ

    私は高齢者施設で働く薬剤師です。看護の知識と技術を学ぶため入学しました。 実習では、患者様の援助な...

    » 続きを読む

  • 卒業生の声 看護高等課程
    令和3年度卒業生
    中尾 友哉
    中尾 友哉

    病院実習では、患者様に寄り添う看護の重要性を学ぶことが出来ました。 疾患やADLだけでなく、過ごされ...

    » 続きを読む

  • 卒業生の声 看護高等課程
    令和3年度卒業生
    木本 彩瑛
    木本 彩瑛

    私は、2年前に不安な気持ちで入学しました。この2年間は、大変なこともたくさんありましたが、今振り返...

    » 続きを読む